Fragment of Moony Orbit

▼Reboot to Moony Orbit

♪ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/Trackback(-)/

♪ みこちゃんのつっこみに返答

礼拝行ってねぇ・゚・(つД`)・゚・

クリスチャンとして遺憾のイな「礼拝サボり」ですが、
まだ続いておりマス。
なんか、ね。どうしても、ね。
神様がいるのは信じてるけれども、
聖書の言葉を神様の言葉と思えない事が多くてね。

それでも、必ず、今の苦しみの中に、抜け出す道はある。
導く光がある。
それだけは不変。
信じてるというか、確信がある。
そーゆー経験してるからね。

泥の中から抜け出したから、今のわちがあるのデス。
どんなに不安でも、その不安は終わる。
その確信があるからこそ、今苦しんでいながらも
生きてられるんでつヨ。



明日から、会社で、早番・遅番シフト開始。
わち、今、中古ゴルフ屋のカスタマーサポートやっとりまつ。
今までとうってかわって、まったく畑違いの職場でつ。
やることなすこと新鮮! 新鮮すぎる! さっぱりわからん!
この前も店舗の社員さんに「ユーティリティとユーティリティアイアンは違う!」と
大笑いされまつた。だって知らんのだもの…(´・ω・`)

いつのまに3番アイアンてなくなったのサ!
PW・SWはわかるが、AWってなんだYO!ヽ(`Д´)ノ
もうさっぱりでつ。おもしろすぎる、仕事が。

この年で、全く新しい仕事に就けるなんてね。
人生飽きないわ。



で、明日は遅番で、1時間遅く出勤なので、
前々から書こう書こうと思ってなかなか書けなかった
みこちゃんのつっこみへの返事を日記にしてみるの巻。
 
わちにとって「当たり前」は、以前は病に伏してる状態のコトを指しますた。
たとえばそれが、不整脈だったり、熱だったり、アレルギーだったり、
子宮内膜症だったり、パニック障害だったり、境界性人格障害だったり。
だんだん文字数が増えてるのはナゼダ。

とにかく、ココロもカラダも健やかじゃなかった。
健やかじゃない目に映る世界は、当然健やかなもんではないデス。

それがどうだ。

「何歳になってもいい、夢を追う」とハラを決めて以来、
絶対に起きられなかった朝が待ち遠しくなったり、
仕事に夢中になって気づいたら昼過ぎてたり(これは仕事がよかった)、
終業直後の「あー、今日も働いたワァ」って達成感があったり、
どんだけ金を使わずに帰れるかってゲームみたいなのがあったりw

GIGsに対する見方も変わってきて、
ただ漠然と「大きくしたい」から「育てたい」にベクトルがシフト。
どう頑張れば、自分がそのステージに立てるのかを模索したり、
カッコよく生きてる人が立てる場を、どう作り上げたらいいのかを模索したり。



「この病気がわちをダメにしとる」と思うんでなく、
「ダメなわちが病気にしがみついとる」と思うようになり、
そして、ついに克服しました、境界性人格障害。
時々片鱗は顔を出すし、一生付き合っていくものだけど、
それでも「これもわちの個性のひとつ」と心から思えるようになた。

すべて、あの場所を目指すと決心したおかげ。
GIGsがあって、H.G.K.があったおかげ。
そんなわちを、陰日なたから支えてくれる人がいるから
ここまでやってこれたんだと、さらっと思う日々を生きてまつ。



こんなわちですが、6年前は、
夜が明け、鳥のさえずりに殺意を覚えた日がありました。

人に自分を見られるのがイヤで、ド深夜でないと外に出られず、
人の気配が部屋の外でするだけで吐き気をもよおす日がありました。

「寝たら、このまま目を醒まさないかも」と考えて
怖くて悲しくて眠れない日がありますた。

マンションの7階のベランダを乗り越え、
あと一歩前進すれば、命を落とすところまで行ったことがありました。

境界性人格障害の行動のひとつである「自傷行為」を飛び越え、
「自殺未遂」を何度か繰り返してました。
そこまで苦しんだ時期があったのデス。



今? それはうちのライブに来た人はご存知でしょう。
めちゃめちゃ楽しそうだそーです(わちは必死なのだがw)
GIGsに来て、最後まで見ていってくれた人は、
わちの涙を目にしてると思います。



死ぬほど楽しかったっす。
死ななくてよかったと、あの時ほど思ったことはないです。



それだけ苦しい経験をしてると、みこちゃんの書いた通り、
些細な事が楽しくてしょーがないってのが増えました。
笑ってる時間が長ければ長いほど、わちの傷は癒えていきます。
それ以前に、生きてるだけで丸儲けです。
何が起きても楽しくてしょーがないです。
いや、楽しいコトに「しちゃう」んだろうな、きっと。

自分の夢を抱えた瞬間、わちは思い出しました。
わちの中には、とてつもないデカいエネルギーがあります。
硬い集中力があります。男らしい決断力があります。
自分だけでなく周囲をも巻き込む行動力があります。

そーいやわちは、ぱわふりゃな人でした。
実は、ここ5~6年で知り合えた人たちが知らないほど、
わちの「ぱわふりゃ」は規格外のデカさでした。

でも、ね、まぁ、トシだから衰えてはいるけどw
そんぐらいぱわふりゃでなきゃ、サウンドの仕事なんか
できないよーな希ガス。

自分の「生きる力」が湧いてくる夢を持てるってのは、
あの頃は考えもしなかったです。
「いつ死んでもいいや」という名残は、まだ、車やきーまゆの運転中に
ちらほら顔を出しますが、そこは折り合いを付けてます。



もう、すずめの鳴き声に「この野郎!」と怒りに震える朝は来ません。
朝日の下で背筋を伸ばし、力強く毎朝歩いてる自分を
誇りに思ってます。

実はこっそりアトピー再発したり、耳の調子があまりよくなかったり、
プライベートでいろいろあったりするんだけど、
それすらも、「いつでも死ぬ」って思ってた頃に比べれば、
十分乗り越えられるキャパを持ってます。



自殺を試みる絶望の毎日に差し込んだ、「生命力」という小さな光を、
大事に大事に育てながら、それを「感動」というカタチに変えて、
大切にステージにもって行きたいと思ってますヨ。



境界性人格障害を持つ人が、ひとつだけ、周囲に誇れるコト。
それは「感受性豊か」ってトコ。一歩間違えると「病的にナーバス」だがw
苦しんでる分、ちっさなシアワセを、大きく感じられるトコは、
これまでも、これからもずっと持ってたいなーと思うんですよ。



苦しんだあの頃があるからこそ、
今のおおらかな(大雑把な)わちがあるワケです。
そんなわちに、笑顔を見せてくれる人がいるから、
それをパワーに変えて、わちは今日も生きてます。



みこちゃん、いいつっこみありがと。
スポンサーサイト
2006/12/26/Tue 01:30:21  むにむにぐだぐだ/つっこみ:0/Trackback:0/
FUTURE 年末年始体制突入 / START / イエス様誕生日おめでとう PAST

COMMENT

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 ナイショ(´・ω・`)

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://orbitalvelocity.blog72.fc2.com/tb.php/108-06c82eb5


MAIN
copyright © 2006 Moony Orbit. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。