Fragment of Moony Orbit

▼Reboot to Moony Orbit

♪ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/Trackback(-)/

♪ SAF1撤退の話

F1スキーのごんやん、SSTさん、之季さんをはじめ、
Super Aguri F1(SAF1)だけでなくHonda Racing F1(HRF1)ファンも言ってるのが


肉揚げ


Hondaは、ニック・フライをどうにかしろ、と。


SAF1が、今後長期的にスポンサードできる企業に、自らオファーできんかたのは
鈴木亜久里代表やSAF1事務方に大きな問題があると思う。
SS ユナイテッドの契約不履行が一番の原因とあるけど、
回収能力がないのはどうなのか、と。


例として、個人経営の建築設計会社に置き換えて考えてみる。
図面をひき、建設会社に建築を依頼して、建物が完成したら
そのオーナーが夜逃げして、行方がわからない。
零細企業の支払いは、現場引き渡しが基本。
建設会社他に支払いができず、知り合いのゼネコンに融通はしてもらうが、
支払いは滞り、結果会社は倒産、一家離散。
よくある話だ。

北海道帯広市初のセブン・イレブンは、こうやって開店前に消えたのだよ(笑)。
わち? その零細建築設計会社の社長令嬢でしたが何か。


で、F1ビジネスについて自著を世に出しておきながら、撤退会見の場になって
「F1ビジネスは薦めない」と言い出すのは、チーム代表としてどうなんだ。

わちは、鈴木亜久里が現役ドライバー時代から嫌いでつ。
彼の現役時代のインタビューは、リタイアの責任を
自分以外に負わせる言動が多く見受けられてるもんでね。
当時は中嶋悟も片山右京もいたし、鈴木亜久里を応援せずとも、
他の日本人ドライバーの走りに、応援のし甲斐があったからな。
なので、鈴木「代表」には、「因果応報」という気持ち。オワリ(笑)。


で、Honda。
SAF1にスポンサーがつく事で、技術の漏洩が起こる可能性もある。
自分とこの戦績が全く奮わないのに、他チーム(しかも自分とこよか戦績が上)に
金や時間を費やす余裕なんざ、どこにもなかったろう。
自チームに全てを費やす決断をしたんだと思う。
コンストラクターとして、苦渋はあれど、普通の判断だと思う。
日本企業としてみれば、イメージダウンは免れないけど、
今後SAF1を支援する資本に比べりゃ、微々たるもんだろね。

本田宗一郎は遊び心を忘れない人かもしれない。
でも、F1は遊びでやってんじゃねんだもん。
ましてや自チームがどーしよーもねんじゃ、負けず嫌いで有名な創始者は
どんな決断を下すんだろーね。


最後に、肉揚の企みについて。
ニック・フライは、自分の実績(価値)を残すために、
よかれ悪しかれ、さまざまな事をしたんだと思う。
もしマグマ・グループのスポンサーオファーをSAF1に提案し、
それがSAF1を潰すためなら、トテモ効果的だった。
これが事実なら、威厳と公正を表向きは重んじる欧州モータースポーツの世界で
今後生き残るために、全力で言い訳せにゃならんと思うがね。


ともあれ、佐藤琢磨選手とアンソニー・デビッドソン選手、
SAF1スタッフが、F1界で生き残れるよう祈るばかり。

F1、一層つまらんくなったな。
スポンサーサイト

2008/05/07/Wed 02:26:00  むにむにぐだぐだ/つっこみ:0/Trackback:0/
FUTURE 敢えて言おう / START / JDKバンドライブ見て来た PAST

COMMENT

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 ナイショ(´・ω・`)

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://orbitalvelocity.blog72.fc2.com/tb.php/453-d661a7d8


MAIN
copyright © 2006 Moony Orbit. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。